電球 タイトル

電気器具は次のことに注意して正しく使いましょう。
電気器具は水や湿気が苦手です。
 屋内用の器具を屋外や水気のある場所で使わないようにしましょう。
 器具が故障しやすくなり、漏電の原因にもなります。


濡れた手で電気器具を扱うのはやめましょう。感電しやすく危険です。

コードやプラグは丁寧に扱いましょう。
 コードがいたんだり、プラグの「刃」が曲がり、断線や過熱の原因となります。

タコ足配線はやめましょう。
 コードやコンセントは、使用できる電気の量に制限があります。これを超え
 て使用するとコードが過熱して火災の原因となることがあり危険です。


コードを固定して使用することはできません。
 コードは「くぎ」や「ステープル」などで固定したり、タンスなどの下敷きに
 しますと、断線や過熱の原因となり危険です。


コンセントやプラグは時々点検しましょう。
 プラグは差し込んだままにしますと、チリやホコリがたまってしまいます。
 そこに湿気が加わると漏電や火災の原因となることがありますので、時々
 乾燥した布などできれいにしましょう。


ミニ知識 ご家庭の壁などに取り付けられている
1口のコンセントで使用できる電気の量
は1,500ワット(15アンペア)までです。
アースと漏電遮断器が漏電・感電事故を防ぐ基本です。
漏電とは
 屋内配線や電気器具は、電気が漏れないよう「絶縁」されています。しか
 し、絶縁物が古くなったり、傷ついたり、水をかぶったりすると、電気が漏れ、
 「漏電」が起こります。漏電で特に気をつけたいのが水を使う器具です。


感電とは
 漏電している器具に触れてしまうと、電気はその人の体を通り大地に流れて
 いきます。これが「感電」です。その程度が弱いときはショックだけですみます
 が、強い電流が流れた場合は人命にかかわることがあります。


次のような電気器具には、アースと漏電遮断器を取り付けましょう。
 万一電気が漏れたときも事故を未然に防ぐため、電気を大地に逃がす必要
 があります。この役目を果たすのが「アース」(地中深く埋め込んだ銅板等と
 電気器具とを電線で接続すること)です。なお、アースと一緒に漏電遮断器を
 取り付けておくと万全です。工事には電気工事士の資格が必要ですので、電
 気工事店に依頼しましょう。


【ご家庭では】
洗濯機・エアコン・衣類乾燥器・電子レンジ・食器洗い機・電気温水器・
その他水気や湿気の多い所で使う器具。
【商店では】
電飾・エアコン・ポンプ・業務用冷凍冷蔵庫・ショーケース・自動販売機・
食器洗い機など。
【屋外では】
ポンプ・庭園灯など。

ミニ知識 洗濯機を使用するコンセントや台所の
コンセントには、アース線が接続された
「接地極付きコンセント」や「接地端子
付きコンセント」が便利です。
地震対策は万全ですか?身の回りの電気安全
避難するときはブレーカーを切りましょう。
 万が一に備えて分電盤の位置を確認しておきましょう。また、ブレーカーを切る
 ときの妨げになりますので、分電盤の付近には物を置かないようにしましょう。


電気器具は水が苦手です。
 水がこぼれて電気器具にかかると漏電や火災などの原因になることがあります。
 テレビなどのそばに、水槽や花瓶は置かないようにしましょう。


プラグは抜いて下さい。
 避難するときはアイロンやドライヤー等の電気器具のプラグをコンセントから抜き
 ましょう。


漏電遮断器を取り付けましょう。
 地震などで漏電が発生した場合、電気が切れます。ぜひ取り付けられることをおす
 すめします。


切れた電線には絶対に触らないようにしましょう。
 切れて垂れ下がった電線には、絶対に触らないで下さい。また、電線に樹木や看板
 アンテナなどが接触している場合でも、とても危険です。
電気を無駄なく上手に使いましょう。
エアコンを使うとき
 ■オフシーズンは、プラグをコンセントから抜きましょう。
   エアコンは使っていなくても、微量の電気を消費していますのでオフシーズンは、
   プラグをコンセントから抜くようにしましょう。

 ■エアフィルターはこまめに掃除しましょう。
   エアフィルターの掃除は、2週間に1回程度行って下さい。フィルターが目詰まりを
   おこすと風量が低下します。

 ■設定温度は「冷やしすぎ」「暖めすぎ」ないようにしましょう。


冷蔵庫を使うとき
 ■季節にあわせて設定温度をこまめに調節するよう心掛けましょう。

 ■熱い物は冷ましてから入れましょう。
   冷蔵庫は、温度の高いものをそのまま入れると、冷蔵庫内の温度も高くなるので、
   消費電力量が増加します。

 ■無駄な開閉をしないように気をつけましょう。
   冷蔵庫の扉の開け閉めを何回もするほど、消費電力量は増加します。

 ■冷蔵庫内の整理を心掛けましょう。
   冷蔵庫内に食品を詰め込みすぎると、庫内の冷気の循環が悪くなり、消費電力量
   が増加します。また、庫内にものを詰め込みすぎると、どこに何が入っているのか
   わからず、扉を開けている時間も長くなり、食品の使い残しを出す原因にもなります。


ビデオデッキ、CDラジカセを使うとき
 ■主電源で消しましょう。
   リモコンから指示を待っている状態でも、電気が消費されています。

電気についてのご相談は
「天野電工」
天野電工

停電!電気が消えたら

FUJIGOKO CYBER CITY
Copyright (C) 1997-2003 Fujigoko Net. All rights reserved.