足和田村の四季

心のゆとり、自然のゆとり
誰かが囁きましたか?耳をすますと湖の精達の、歌声が聞こえてきますね。
自然がこんなかたわらに寄り添っているなんて。
心が少しずつ柔らかくなっていくようです。
思い出がいつも、こんなに爽やかなのは 自然がこんなに天然だから。奥河口湖と西湖。
本当の自然に抱かれて置き忘れてきた本当の自分と出会える旅です。
の息吹 花の湖畔めぐり
 寝雪が溶けて、ゆっくりと大地にぬくもりが伝わってきます。厳しい冬の後だけに、草木の芽吹きひとつにも、喜びはひとしおです。富士山を向こうに、湖畔の桜並木が咲き出します。富士山に桜。まさに日本の春の情感です。
桜が終わると、新緑の季節。辺りにはツツジが群れて咲きます。ホトトギスの鳴き声に似合う色です。
新緑の富士五湖。旅行シーズンの始まりです。桜からツツジへと、湖畔は春の彩りを増していきます。

さわやか 光あふれて
 オートキャンプ場が賑いをみせてきます。水上スキーの白い波。ウインドサーフィンの揺れる帆。釣り舟に渡る風。活気にあふれるアウトドア・ライフの季節です。
山野草を分けて、ハイキングやバードウォッチングと、大自然の中での楽しみは尽きません。光に輝いたまま、いつまでも記憶に残る湖畔の日々です。
西湖でのウインドサーフィン。挑戦する若い夏です。繰り広げられる湖上のスポーツ。オートキャンプの地、西湖。野生味がたまりません。
の旅愁 紅葉の道をゆく
 山々が合奏するように、美しく彩りを連ねていきます。ブナ、ミズナラ、カエデ、ナナカマドの紅葉が際立ちます。藍色の湖に映るさまは、ことのほか詩情に満ち、いつまでも人をたたずませます。
青木ヶ原樹海は、まさに一面、紅葉の海。大好きな人と、同じ感動にひたりたい季節です。空気の澄んだ湖畔は、季節の色も鮮やかです。東海道自然歩道での紅葉狩り。深まる秋です。



のどか ひざし優しく
 四季のなかで、もっとも富士山が美しい表情を見せる季節です。雪の富士山に、針葉樹のコントラストは、なんとも雄大。冬こそのチャンスと、カメラファンが大勢やってきます。
思い思いに撮影場所を探しては、日本一の「わたしの富士山」を撮影。朝日も夕日も美しい日本のシンボルです。野鳥の森公園に出現した氷のオブジェ。冬の名物になりました。
森の案内役、人に親しいホオジロ、メジロ。道祖神祭りのお飾り。土地の行事と合わせた旅も情感のあるものです。


足和田村の情報 | FUJIGOKO CYBER CITY