上九一色村の味
季節感を生かしたシンプルさが美しさの秘訣

ヤマメの塩焼き
Grilled Yamame
ヤマメの塩焼

芦川に棲むヤマメは、日本の代表的な渓流魚。解禁中の3月1日〜9月15日の朝や、夕方〜夜にかけて、竿を握る人をよく見かけます。塩焼きが一番ですが、フライ、甘露煮にしても美味しい。

ヒメマスの塩焼き
Grilled Himemasu
ヒメマスの塩焼き

3月15日から解禁になるヒメマス、本栖湖の旬の味。塩焼きがいちばん美味しいとは通の言葉です。

しいたけと
タラノメの天ぷら

Shiitake And Taranome 
Tempura

しいたけとタラノメのてんぷら

桜が散りはじめた頃に出るタラノメは、独特な自然の香りがいっぱいです。栽培したしいたけといっしょに天ぷらに。待ち遠しかった春の味です。
ほうとう
Houtou
ほうとう

富士五湖広域の中でも、上九一色村だけが国中(くになか)と呼ばれる地域。ほうとうの本場です。武田武士の頃から受け継がれてきた味は、ほのぼのとして素朴。

富士ヶ嶺 高原の牛乳
Fresh Milk From Fujigane
Kougen Highland

富士ヶ嶺 高原の牛乳

広々とした富士ヶ嶺高原で育った牛が、毎日新鮮な牛乳を提供してくれます。富士豊茂農協購買部でしか買えなく、ここでしか味わえないものですが、だからこそ美味しさが生きているのです。


上九一色村の情報 |  FUJIGOKO CYBER CITY