甲斐の勝山武田流流鏑馬(やぶさめ)
やぶさめ祭り

やぶさめ

満開の桜のもとで、いにしえの場面が再現
900年以上の歴史を有する 流鏑馬の神事。
遥かな時を経て、毎年の春を告げる祭りとして人々のこころ鮮やかに。
精悍な武者の眼。
しなやかな馬と一体になり矢を射る一瞬の技。
その勇ましい流麗さに息を飲む観衆たち。
毎年4月29日に冨士御室浅間神社で行われます
勝山の歴史物語のクライマックスが展開されます。

やぶさめ

やぶさめ神事の歴史は古く、後3年の役(〜1083年)より起
きたと云われています。
源義家の弟、新羅三郎義光は、清原軍に苦戦を続ける兄に
加勢するために祖父の縁地である甲斐の国に立ち寄り、冨
士御室浅間神社に戦勝祈願をしました。
兄弟協力として清原軍を鎮圧した後、新羅三郎義光公は神
の御加護に感謝し、御室浅間神社に立ち寄り盛大に御礼祭
を挙げました。これを始まりとし、毎年9月にやぶさめ神事の
奉納となりました。
明治30年に止むなく中断したのでしたが、昭和55年、古い歴
史と先人の御遺徳を偲ぶ為、84年ぶり桜美しい4月に復活す
ることとなりました。
武田流やぶさめ神事は、出陣からはじまりかぶら矢奉献など
の儀式を行い、騎射へと至ります。太鼓の合図で次々と砂け
むりを上げて疾走する馬上から的をめがけてかぶら矢を射る。
戦国絵巻さながらの勇ましい姿に、見る人々も拍手喝采です。


勝山村の情報に戻る | FUJIGOKO CYBER CITY