ITCHIKU KUBOTA ART MUSEUM
久保田一竹美術館
富士に魅せられ、赤松の自然林の中、
河口湖と富士を望むこの地に美術館を建築いたしました。
私の命そのものです。
新しい文化、芸術の発信地として、訪れる人々が潤いと
安らぎを享受できる場所となることを願っております。
久保田一竹美術館
久保田 一竹

雄大な自然の移ろいを慈しみ、彩りを重ねて染める芸術『一竹辻が花』。

辻が花
「辻が花」
室町時代に栄えた縫締絞の文様染で、名称の由来は定かではない。
始めは庶民の小袖から始まったと言われていますが、後に武家に愛さ
れ、高級品として一世を風靡する。しかし江戸時代の初期にその姿を消
してしまう。幾つかの説が挙げられているが、より自由に絵画的表現の出
来る友禅の出現により、辻が花染めは衰退したとされる説が有力です。




[美]を語るのにふさわしいロケーション
[久保田一竹美術館]は赤松林の中、雄大なる富士と清澄な水をたたえる河口湖を望む絶好のロケーションに市します。『本館』は、1994年10月に開館。そして、1997年7月には『新館』が完成し、新たな美術館として生れ変わりました。「人と自然と芸術の三位一体」をテーマに訪れる人々が潤いと安らぎを亨受できる場所となることを 願っております。
『本館』は、一千年を超す「ひば(ひのき科)」の大黒柱16本を使ったピラミッド型の建築物。頂点は13m、床面積200u。伝統的な職人の技と、現代的なログハウス工法の技との融合が成し得た複雑な木組で、吹き抜け状の内部からは、その木組みが全てご覧頂けます。久保田一竹のライフワーク[光響]の連作をはじめ、富士をテーマにした作品群、及び代表作品が展示されています。また、ビデオにより久保田一竹の生い立ちや制作工程がご覧頂けます。(時期により一部展示が替わる場合もあります。)
『新館』(1997年7月完成)は手積みによる琉球石灰岩(サンゴ等の堆積岩)の8本の円柱に支えられた回廊を持つ独創的な建築物。床は同じ琉球石灰岩を敷きつめ、壁はサンゴを焼いて粉末上にしたものにワラを混ぜて醗酵させたものを手作業で塗ったもので、通称[沖縄漆喰]と呼ばれるものです。インテリアには、インド、アフリカ、東南アジアのアンティークが使われています。内部には、久保田一竹が永年に渡り収集してきた[蜻蛉玉ギャラリー]、開放的な雰囲気をもつ[カフェ]、手染め・手縫いで制作したオリジナル・グッツや蜻蛉玉を使ったオリジナル・アクセサリーなど、ここでしか手に入らない貴重なアイテムを揃えた[ミュージアム・ショ ップ]があります。
『庭』は、久保田一竹構想のもと自然の環境を活かしつつ、一流の専門家の手により作られています。琉球石灰岩、富士の溶岩、多種多様の植栽、滾々と涌きでる豊かな水とあいまり、独特な雰囲気を醸しだします。とりわけ、春の桜やつつじ、秋の紅葉は格別の彩りをお楽しみ頂けることと思います。

悠久の時を越えてきた、小さな旅人
久保田 一竹コレクション  蜻蛉玉ギャラリー
ガラスに色文様を施した、いわゆる『蜻蛉玉(とんぼだま)Grass Beads』は紀元前3000年あたりを起源として現れ始めました。現在のヨーロッパや西アフリカをはじめとした各地域毎に際限無く形作ら、その千差万別の色文様と同じくらいの数の確固たる意味合いを、今も持ち続けています。また、非常に重要な交易品として時代を越え、世界中を駆け巡りました。時に権力を誇示する象徴として・・・・
ときに語ること以上の意味をもった第三の目として・・・・
ときに人々の心の依り所として・・・・
蜻蛉玉 紀元前1世紀頃の貴重な人面トンボ玉
(フェニキア)

久保田一竹と[蜻蛉玉]の出会いは、6歳の時に遡ります。骨董商であった父の秘蔵の引き出し大切に納められていた数々の古い[蜻蛉玉]の神秘さに幼い魂を奪われ、震災で消失した後も、忘れられず世界各国を歩く取材のかたわら収集をして来ました。感性豊かな幼年期に見た感動がその後の一竹の作品作りに大いなる影響を与えています。久保田一竹コレクション[蜻蛉玉ギャラリー]では、こうした古代人たちの美意識の凝縮した小宇宙ともいうべき[蜻蛉玉]の数々を、自然界の万物と共存を続ける人間たちの次代への 『美しき芸術・文化の遺産』として展示致しております。小さなガラスに秘められた歴史のロマンと永遠の生命を感じていただけることと思います。

開館時間 12月 〜 3月・・・10:00〜17:00(入館は16:30迄)
4月 〜 11月・・・ 9:30〜 17:30(入館は17:00迄)
入 館 料 一般 1,300円(1,200円)  大学・専門学校生 1,100円(1,000円)
高校生 900円(800円)   小中学生 500円(400円)
※( )は15名様以上の団体料金
※就学前のお子様は無料
作品展示室内及びギャラリー内での写真、ビデオの撮影は出来ません。
休 館 日 12月〜3月…毎週水曜日(祭日、1月第一水曜日は開館)
12月26、27、28の3日間、その他特に定める日

お問合せ
久保田一竹美術館
〒403‐0304 山梨県南都留郡富士河口湖町河口2255
TEL.0555-76-8811 FAX.0555-76-8812


河口湖町のインデックスに戻る   FUJIGOKO CYBER CITY に戻る