富士山へ行く高原列車に乗って


歴史散歩、芸術散歩のプロムナード
やむらまち駅周辺
古き時代の歴史を探究
●勝山城跡
 1594年浅野長政の家臣・浅野氏重によって築城された勝山城。
かつては谷村城と内橋で結ばれていたと伝えられており、現在も
橋ゲタを受ける石垣の遺構があります。ほかにも曲輪(くるわ)、
堀、土塁(どるい)など多くの遺構があります。標高571mの城跡ま
で散策が楽しめ頂上からは都留市内が一望できます。


ふるさと会館に建立する石碑あれこれ。
●松尾芭蕉流寓の跡碑
 奥の細道で有名な松尾芭蕉が流寓生活を送ったといわれるゆか
りの地、女性センターの入り口前にその跡碑があります。
松尾芭蕉流寓の跡碑


●増田画伯記念碑
 ふるさと会館南側に都留市名誉市民第1号の故増田誠画伯(旧
谷村町下谷生まれ。大正9年〜平成元年)を讃える記念碑があり
ます。



●お茶壷道中の碑
 江戸時代に将軍家御用の宇治茶を江戸に運ぶ道中を『お茶壷道
中』と呼びました。その道中の際に、甲州谷村に立ち寄って、茶壷
の一部を領主秋元氏に預け、夏季の間爽涼な谷村勝山城に格納
する例であったことから、ふるさと会館前に碑が建ちました。
お茶壷道中の碑


山岳信仰の拠点
●御正体山
 文化年間に妙心上人が入山したことから、霊山として山岳信仰の
拠点となりました。山頂からは富士山の秀麗で雄大な山容が一望
にできます。



パリの香りが漂う美術館
●増田誠美術館
 ふるさと会館の2階に設けられた増田誠美術館は、都留市出身
の世界的な画家、増田誠画伯の作品70余点(奇贈30余点)を所
蔵し、常時30余点を展示しています。増田誠画伯は、都留市の名
誉市民第1号であり、平成元年4月9日に逝去。ふるさと都留をこよ
なく愛された故人を偲んで設立されました。故人は、生前、人間味
あふれる独特の作風で、昭和35年のシェルブール国際展でのグ
ランプリ受賞をはじめ、数々の権威ある賞を受賞するなど世界的
に活躍。同美術館は、市が所蔵する故増田誠画伯の作品を順次
展示するほか、市民の芸術の発表の場となっています。



都留市の名産品を展示即売。
●ふるさと会館
 1階に、甲斐織物のネクタイや座布団地などの地場産品や都留
市名産の菓子、山梨県産のネックレス、ブローチ、ワイン、印伝
などの展示即売を行う地場産品(販売)コーナーと展示ホール
があります。都留市をもっと知りたい人にお勧めのスポットです。
開館時間/午前9時〜午後5時まで。
休館日/月曜日(祝日は除く)
      祝祭日の翌日(日曜、祝日は開館)
      12月28日〜1月3日。
入館料/無料。
TEL 0554-45-4111


都留の文化の発信地
●都留市文化会館
 1階に老人福祉センター、2階に図書館、3階に研修室、会議室、
4階は大ホールがあり各種催し物も行われる同会館は、都留市の
文化の発信地として注目を集めています。また、郷土資料が揃っ
た図書館で、都留市の歴史に触れてみるのも一興です。
◆図書館
開館時間/午前9時〜午後4時30分。
休館日/月曜日、月末整理日
      12月28日〜1月5日。
TEL 0554-43-1321


自然と調和する芸術文化の拠点
●都留市文化ホール(うぐいすホール)
 本格的な舞台設備を施した芸術鑑賞ホールで、大小2つのホー
ルと、美しい赤松林の中でコンサートを楽しめる野外ステージがあ
ります。様々な市民が参加する地域文化創造の場として利用され
、芸術・文化活動の発信基地になっています。
◆お問い合わせ
TEL 554-43-1515
都留市文化ホール(うぐいすホール)


都留市の情報 | FUJIGOKO CYBER CITY