登山・トレッキングガイド

▲富士山エコトレッキングコース▼

Trekking Route1  泉瑞〜雁ノ穴ルート
難易度1
所要時間約3時間
北口本宮冨士浅間神社を出発し、パインズパークを経て登山道を登って行くと、雪中登山の碑が建っています。この碑の反対側を800メートル程進むと泉瑞に出ます。泉瑞から東に進み、約1キロメートル行ったところが、天然記念物『雁ノ穴』溶岩樹型、溶岩洞穴です。貴重な雁ノ穴を見学したら、来た道を戻り、東富士五湖道路沿いを通り、恩賜林庭園に向かいます。ここで季節の花々を見た後、出発地点に戻ります。


Trekking Route2  中ノ茶屋・フジザクラ群落ルート
難易度1
所要時間約3時間25分
中ノ茶屋・フジザクラ群落コースは、北口本宮冨士浅間神社から登山道を進み、中ノ茶屋を通過した後、西へ進むと国の天然記念物フジザクラの群生地に入ります。春が近づくと、辺り一面に薄いピンクの可憐な花々を見ることができす。その後、環境科学研究所を見学し、富士北麓公園でおいしい空気をいっぱい吸ったら、登山道に戻り出発地点に帰ります。


Trekking Route3  杓子山自然探索ルート
難易度3
所要時間登り約2時間45分・下り約2時間15分

大明見の慈光院で看板を目印に脇道に入り、不動湯へと向かいます。不動湯付近から杓子山までの地質は、今からおよそ1,500万年の海底に堆積した地層からできています。古屋側右岸の崖は、大昔海底地滑りが発生したことを物語っています。ここから100メートル程登ると展望台。さらに尾根道を経て約30分で杓子山頂上に着きます。標高1,598mの展望は絶景です。雄大な富士山、三ツ峠から南アルプス、山中湖を隔てて相模湾などを望む360度の大パノラマをゆっくり楽しむことができます。


Trekking Route4  新倉山自然探索ルート
難易度3
所要時間周遊約3時間

新倉富士浅間神社は705年の創建で、地域では最も古い神社です。境内にあるヒノキは地上2.5メートルより南北二幹に別れ、そこから若いスギが着生していることから「子育て杉」と呼ばれています。浅間神社から忠霊塔を過ぎると富士パノラマ台に到着します。ここから美しい富士山の眺めを楽しんだ後、坂道を登るとアヤメの群集地に到着します。季節になれば富士山とアヤメのすばらしい光景が見られます。
急峻な道を進むと「ゴンゴン石」です。これは櫟岩の大きな塊状の岩で、人の頭が入るほどの穴があり、この穴に頭を入れると"ゴーゴー"と風のうなる音が聞こえます。ここからさらに進むと山の尾根づたいの道に出ます。この辺りは、野鳥や山ツツジが多くみられます。しばらく尾根沿いの道を歩き、三ツ峠への尾根から左に折れます。急な道を下ると、やがてV字形の谷に棚状の絶壁からすべり落ちる「大棚の滝」や「小棚の滝」を眺められる谷あいに出ます。入山川大堰提から山神社を通って、最後に新倉三ヵ寺の正福寺、如来寺、大正寺を見学します。千鳥破風入母屋造の堂々たる寺院建築の正福寺本堂、文化10年に創建され、当時の建築様式の枠を集めた大正寺の鐘楼は、いずれも市の文化財に指定されています。


Trekking Route5  白糸の滝自然探索と殿ノ入沢化石採集ルート
難易度1
所要時間登り1時間30分・下り1時間20分

殿ノ入沢の林道を上っていくと、海抜710m付近で、沢が二股に分かれて大きな砕石場跡があります。この付近一帯の山の斜面や沢の川底、周りの岩場を見るとたくさんの貝類の化石が見つかります。なおもコースを行くと、静かな林の中に殿入鉱泉があります。カーブを曲がると「白糸の滝」へと出ます。白糸の滝は、高さ150メートル、幅8メートル。岩盤を伝わって流れる水が岩肌の窪みに入り、流れ落ちる様子が、繭糸を吊り下げたように見えることから、この名が付けられたといいます。
白糸の滝から登山道に沿って三十三観音を数えながら登っていくと、尾根道に出ます。さらに登ると赤松の自然林が並んでいます。この辺一帯は、桂川層の礫岩層からなり、比較的堅い地層を造り、腐食土が表面をおおい、これに赤松がしっかりと根を張っています。富士見台は、白糸の滝頂上部にあたり、南側につきでた展望台は絶景です。


(お問い合わせ)
富士吉田市役所 富士山課
〒403-0004 山梨県富士吉田市下吉田1842
TEL 0555-22-1111/FAX 0555-22-0703



富士吉田市の情報 l FUJIGOKO CYBER CITY